家中のカギをかき集めたらいくつありました?

言われてみれば私たちの生活の中で「カギ」は欠かせないものになっています。自宅のカギから車のカギ、自転車のカギ、職場のカギまでその数は本当に幅広い。ですから、家中のカギをかき集めるということをすると、カギの重要性がわかるのではないかと思い本当にかき集めてみました。そうして、かき集めた結果、我が家にあるカギの総数はなんと20もあるということが分かったのです。さすがにそれほど多くのカギがあるなんて思いもしませんでしたが、実際に数えてみるとそれだけのカギを日常的に使用していることを実感させられます。

では、この30本ものカギは一体何のためのものなのだろうかと一つ一つ見てみると、まずは自宅玄関のカギ、そして勝手口のカギ。次に自動車関係として、マイカーと家族の車2台を合わせた3台分のカギ。この時点で既に5本のカギを所持していることになります。さらに我が家では自転車を3台と単車を所持していますので、4本のカギが。これにプラス倉庫のカギ2つですから、主に自宅で使用するカギとしてはこれだけのものが見つかりました。

そして自宅以外で使用するカギとしては、職場のカギが多くを占めています。一般的なオフィスで働いている人からしてみると意外かもしれませんが、個人情報や機密情報を扱っている職場で働いていると、その情報が漏れたり盗まれたりしないようにするために、細心の注意を払いながら常に施錠をすることが義務づけられています。ですから、各建物ごとのカギやセクションごとの様々なカギを持たされているので、職場のカギだけで10本ものカギを所持していました。

以上のカギを合計してみると、家中にあるカギは全部で20個。それほど意識していませんでしたが、気づいていないだけでこれだけのカギを使い分けている自分や家族に感心しました。もし自分の生活とカギの関係性を意識したいなら、一度家中のカギを集めてみることをお勧めします。