中心にカギのついているドアノブが回らなくなった

カギのトラブルで一番多いのが中心にカギのついているドアノブが回らなくなったというトラブルですね。ドアの内側にあるドアノブの中心にプッシュ式のカギが付いていて、外出する際にはそれをプッシュしてドアを閉めるだけでカギが掛かるというタイプです。このタイプは、外出する際にカギを使わなくてもドアを閉めるだけでカギが掛かるようになっているので大変便利なのですが、部屋の中にカギを置き忘れたままカギを掛けてしまうといったうっかりミスを起こす可能性がよくあります。

私も昔アパート暮らしをしていた際に同様のミスをしたことがありました。また車のカギを車に差し込んだままカギを掛けてしまうというミスも犯したことがあります。アパートのカギを部屋に置き忘れたままカギを掛けてしまうというミスの対策は、たまたま隣の部屋に住んでいる人に教えられたことなのですが、ドアの隙間にキャッシュカードのような薄くて堅い物を差し込むとカギが解除されますね。

ただしドロボー対策なのかわかりませんが、最近ではそんなオーソドックスなカギのタイプはあまり見かけないですね。ほとんどのタイプが、外出する際に外側のドアノブにカギを差し込んでカギを回すとカチャッという音がしてカギ用のストッパーのような物が出てくるタイプです。このタイプのカギは、私のような素人では絶対に開けられませんね。カギ職人さんや刑事さんがよくテレビでやっているように、鍵開け専用の棒状の物を2本カギ穴に差し込んで無理矢理カギを解除する方法しかないですね。それから、車のカギを車に差し込んだままカギを掛けてしまうというミスはジェフを呼ぶか、もしくはスペアーキーを別に用意しておくしかないですね。

ただし最近の車は、カギに付いているボタンを押すと無線の電波のようなものでカギを掛けたり解除したりできますね。あるいはキーレスの車も多くなっているようです。便利な時代になってきたものです。